消費者金融業者の利用に保証人は必要!?

消費者金融業者の利用に保証人は必要!?

保証人は必要ない?

「お金を借りたいけど、保証人をたてるのは面倒だし抵抗がある・・」、そういう人はたくさんいるでしょう。でも消費者金融業者は基本的に保証人を求めたりすることはありません。担保も特に必要ありません。というのは消費者金融業者は一般的に小口の融資、つまり多額の貸し付けというより数十万程度の貸付をする業務スタイルです。ですから借りやすさがウリですので、保証人を要求することは通常ありません。これのおかげでお金が必要な時に即日融資をしてもらえるなど、消費者金融審査までのスピードがとても速くできるのがメリットです。ただその分デメリットもあります。銀行のカードローンなどと比べると金利は数パーセント高い傾向にあると言えます。以前は法律のスキマをぬったグレーゾーン金利などがあって、消費者金融業者は多額の利息を得ていました。今は法整備されて金利は最大でも20%になっていますが、18%くらいに設定されていることが多いです。また限度額も比較的低く設定されます。保証人がいないわけですからこれは仕方ありません。加えて「総量規制」の制限があるので借りられても年収の3分の1までになっているので注意です。というわけでイメージとしては、すぐに比較的少額のお金を借りたいのなら消費者金融業者、たくさん借りたいのであれば銀行という感じでしょう。ちなみに「保証人不要」とあっても100%不要かどうかは断定できません。ふつうはないですが、心配であれば一度確認の電話などをすると良いでしょう。